大阪市立大学【保健師の求人・募集&施設情報】

大阪市立大学【保健師の求人傾向】

大学の場合には生徒の数も教職員の数も他の学校に比べて圧倒的に多くなっていることから、小規模な大学でない限りは、大半の大学がクリニックのような保健管理センターを導入し、医務室や保健室の役割も担っているのが一般的です。もちろん大阪市立大学でも同じなのですが、このような他の学校に比べて医務室の規模が大きい大学では、色々な医療関係者が勤務しています。

 

保健師も通常はその中に含まれているのですが、実際には保健師の資格を持っていても、臨床心理士や看護師として勤務する場合もありますし、求人を出していても募集人数が少ないため、就職するのが難しいと言われているのは大阪市立大学でも同じです。

 

しかし、この狭き門を突破して大学で仕事をしている人もたくさんいるので、保健師として活躍したいという気持ちを捨てずに応募してみましょう。大阪市立大学でも待遇はよくなっていますし、社会保険などもしっかりと完備されているのですが、やはり経験をきちんと積んでおくことがなりよりも重要です。

 

大阪市立大学で働く保健師の勤務先となる施設

大阪市立大学では保健管理センターが完備されていますが、急な病気やケガにも対応していますし、健康相談なども受け付けています。また、大学によっては複数の診療科を設けている場合もあるのですが、大阪市立大学の保健管理センターでは内科のみとなっています。

 

では他の診療科に掛かりたい場合にはどうすればよいのかというと、大阪市立大学の健康管理センターでは、多数の医療機関と連携を取っているので、万が一の時や他の診療科を受診したい場合には、指定医療機関へ行くことで解決できます。

 

もちろん大学内で生徒が病気やケガをした時には、保健管理センターのスタッフである保健師や看護師が応急処置を行います。また、健康診断も毎年行われており、その際も保健師が活躍しています。

大学保健師募集navi | 大学の保健師募集はココで見つかる!


このページの先頭へ戻る