東京学芸大学【保健師の求人・募集&施設情報】

東京学芸大学【保健師の求人傾向】

やはり東京学芸大学でも詳しい保健師求人の情報が出ていないので、調べるのがかなり難しいのですが、医師や看護師、保健師が勤務していることは間違いないので、人数が足りなくなれば求人が出ていることもあります。

 

当然東京学芸大学でも保健師の求人は人気があるのですが、なぜ大学保健師の求人は人気なのかというと、小学校や中学校とは違い、養護教諭の資格がいらないという点や、休みも多いですし、他の医療関係者が勤務している大学が多いため、有給休暇も取りやすいからです。さらに平均的な保健師の給料よりも高くなっている大学が多く、社会保険や手当が充実しているので人気があるのですが、他にも人気の理由があります。

 

それは大学というのは大勢の人が通っていることもあり、大半の大学が交通機関に恵まれ、鉄道の駅から離れているような場所では送迎バスが走っていることも多いという点も人気の理由ではないでしょうか。夜勤も保健師の場合は殆どありませんが、求人募集の数が少ないというデメリットだけが問題です。

 

東京学芸大学で働く保健師の勤務先となる施設

東京学芸大学でも医務室を兼ね備えた健康管理センターがあるのですが、健康管理センターは大学のほぼ中心に存在していて、色々なサービスを実施しています。他の大学でも内科診療や精神科診療、メンタルケアや健康診断などは行われているのですが、血圧計や体重計なども貸し出しも時々行っている大学を見かけると思います。

 

もちろん東京学芸大学でも行われているのですが、さらに医療関連書籍の貸し出しに加えて、救命講習会や健康セミナーを定期的に開催しているのです。さらに健診センターの施設内にあるアルカディアを解放しているのも特徴なのですが、アルカディアというのはフリースペースのことで、簡単に言えば大学内にある公民館のような感じと考えればよいでしょう。

 

しかも大学関係者であれば誰でも使用できるので、決まりさえ守っていれば、セミナーや講習会に限らず、色々なことに利用できるという珍しい部屋が用意されているのも東京学芸大学の特徴と言えます。

大学保健師募集navi | 大学の保健師募集はココで見つかる!


このページの先頭へ戻る