大学の保健管理センターの保健師求人募集

大学の保健管理センターの保健師求人募集【予備知識】

保健師の間では、大学の保健室(医務室)勤務はなかなか人気があるようですが、中には、大学の保健管理センターで働いている保健師もいます。キャンバスにある保健室と保健管理センターは異なるものです。ここでは、大学の保健管理センターにおける保健師の募集についていろいろ見ていきましょう。

 

大学の保健管理センターの保健師募集について

まず、医務室と保健管理センターの違いはきちんと把握しておきましょう。例えば、ある大学では4つのキャンパスそれぞれに医務室があり、ここでは学生・教職員に対して様々な健康管理業務を行っています。しかし、保健管理センターは医務室を統括するような部署になります。さて、大学の保健管理センターでの保健師募集になりますが、保健師の採用枠は、ほとんどの大学で1〜2名程度です。けっして多人数を採用するわけではありません。また、大学の医務室と同様に、欠員が出て募集をするというスタンスを多くの保健管理センターが取っています。求人はやや少ない傾向にあることは把握しておいてくださいね。

 

保健管理センターでは、医務室に比べて事務仕事が多くなる傾向にあります。故にPCに関するスキルは常識とお考えになった方がいいでしょう。保健師の募集要項では、必ずPCのスキルについて触れられていますので、大学の保健管理センターに関心のある保健師のみなさんは、最低限ワード・エクセルは使いこなせることが必要です。

 

大学の保健管理センターの保健師募集に応募する前に

保健管理センターの保健師採用に当たっては、選考方法は各大学で多少の違いは出てくると思います。しかし、多くの大学では書類選考・面接と共に「レポート」を提出する場合が意外に多いようなのです。内容は、これまでの業務内容や実績、保健管理センターでの将来の抱負などに関することですね。このようなことは知っておいた方がいいでしょう。

 

ここでは保健管理センターでの仕事内容に関しては触れませんが、保健管理センターでの保健活動においては、健康・衛生面などでかなり切広い知識が必要とされます。前述のように、保健管理センターは各キャンパスを統括する立場にありますので、保健管理センター勤務を望んでいる保健師のみなさんは、今のご自身の能力にプラスアルファな部分が必要になると思います。資格などもいろいろ取得しておいた方がいいかもしれませんね。

 

最後になりますが、大学の保健管理センターの保健師募集数、採用枠の少なさなどから、募集情報をチェックしつつ、勉強を重ねながらチャンスを待つことになると思います。求人を見たときに、自信をもって応募できる状態でありたいものですね。

大学保健師募集navi | 大学の保健師募集はココで見つかる!


このページの先頭へ戻る