派遣勤務も可!大学の医務室・保健管理センターの保健師募集情報

派遣勤務も可!大学の医務室・保健管理センターの保健師募集情報

大学の医務室や保健管理センターでの保健師の仕事は、人気のある仕事の1つです。その理由としては、小・中学校などの保健室に勤務するのとは違って、保健師の資格のみで仕事に就くことができることや、勤務時間が規則的であるという魅力があるからです。勤務する時間帯は主に授業がある時間帯で、学校が休みの日には医務室なども休みとなるため、プライベートの時間もしっかりと確保しやすい環境にあります。

 

主な仕事内容は学生や教職員の健康管理を行うことが中心ですが、医師による怪我の処置やアルコールのパッチテストなどの検査を行う場合もあります。養護免許が必要となる小・中学校の保健室での仕事とは違って、医師が常駐し医療行為が行われます。近年では、心のケアを必要とする生徒や教職員も増えていることから、メンタルサポートの知識も求められることもあります。

 

大学の医務室や保健管理センターには派遣でも働ける職場があり、生徒数が多く比較的規模の大きな学校での求人が多く見られます。この場合、そこに勤める常勤保健師の補助を行うケースが一般的ですが、仕事内容や勤務時間などについては職場により異なるため、事前にしっかりと確認する必要があります。また、勤務時間や仕事内容などをある程度絞り込むことができるというメリットがあるため、フルタイムで働くことができない場合の選択肢の1つとして検討するのも良いでしょう。

 

派遣の仕事には、大きく分けて2つの種類があります。1つはそのまま派遣として働き続ける方法です。これは、契約期間が終了する際に双方の同意のもとでそのまま契約を継続するものです。もう1つは、紹介予定派遣です。これは双方の同意のもとで正職員として登用する制度があるものです。自分のライフスタイルや希望する働き方に合う制度を選べる点も、魅力の1つです。

 

大学の医務室や保健管理センターなどでの求人は、件数も募集人数もそれほど多くありませんが、このような職場での業務を先輩の補助をしながら学んだり、大人数を対象とする場所での仕事を学んだりすることができます。そのため、将来的には保健室勤務を目指す人の中にも、保健師としての経験を積むために派遣を選ぶ人も多くいます。

大学保健師募集navi | 大学の保健師募集はココで見つかる!


このページの先頭へ戻る