保健師の大学への転職事例 - Nさんのケース【病院から大学の医務室へ】

保健師の大学への転職事例 - Nさんのケース【病院から大学の医務室へ】

■転職に至った経緯
Nさんは、これまでは病院で働いてきましたが、旦那さんが転勤となり、別居よりも共に引っ越すことを選んで、これまでの職を辞して引っ越しました。そして、現在の大学の医務室への転職を選びました。保健師としてこれまでは病院での勤務経験しかなく、引っ越し先でも最初は病院を希望していたものの、良い求人が出ていませんでした。それでも求人を探し続けていたところ、登録していたサイトから紹介があり、ちょうどよく大学の医務室から欠員が出たことで、転職に至ったのです。

 

■転職活動の流れ
Nさんはこれまでの経験を活かせるよう、最初の転職活動では病院の求人探しを行っていました。小児科での指導や外来の患者さんへの健康教室などを行っていたため、コミュニケーション能力に自信を持っていたからです。そのコミュニケーション能力の高さを活かせるような案件を持ってきたのは、登録していた保健師転職サイトの担当の方でした。求人は引っ越し先の県立大学の医務室から出ており、それまで医務室に勤務していた保健師がNさんと同じく家庭の事情で引っ越しを余儀なくされ、同じように同市に引っ越してきたNさんに最適だろうという事情でした。大学の医務室勤務は初めての経験となりましたが、それまで患者さんと接した経験があれば十分対応できそうでしたので、面接を決めて転職を成功させました。

 

■Nさんのコメント
保健師として大学に勤めることになるとは夢にも思っていなかったので、最初は緊張しましたが、懐かしい学生生活に触れて新鮮さを取り戻すことができました。若い学生さんたちと触れ合ううちに、自身の学生生活を思い出せて、保健師を目指していた当初の初心に立ち返ることができたのです。病院と違ってひとりでの勤務となり、責任重大ですが、学生や職員の健康を預かる身として、責任を果たす気持ちでいます。学校が休みの期間は同じように休みを取ることができ、これまでとは違って比較的気楽な勤務が出来るようになったのが一番のメリットかもしれません。

大学保健師募集navi | 大学の保健師募集はココで見つかる!


このページの先頭へ戻る