大学 保健師 資格

大学で働く保健師が持っていると役立つ資格

保健師は看護師の資格も持っている人物であるため、大学の保健室(医務室)で働くには最適な人材だと言われています。保健師として大学の教職員や学生たちの健康管理を支えるだけでなく、看護師の資格を活かして急な病気やケガをした学生や教職員の応急手当・処置にもしっかりと対応できるからです。そのため、大学の保健室(医務室)では看護師の資格だけではなく保健師資格を持った人物が採用されやすい傾向にあるのですが、これに併せて持っているととても有利になる資格がいくつかあります。

 

たとえば、スクールカウンセラー。スクールカウンセラーは教育機関において心理相談業務に従事する心理職の専門家で、保護者や学校および教職員とも利害関係が存在しない「第三者」として学生のメンタルヘルスを支えるのが主な職務です。資格要件としては、臨床心理士や精神科医・大学教員と厳しくなっているのですが、俗に準スクールカウンセラーと呼ばれる資格の場合は要件のハードルがやや低くなっているので、取得しておくと役立つのではないでしょうか。

 

また、学校などをフィールドとした心理教育的支援の専門家である学校心理士や、財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定する心理専門職である臨床心理士、個人のカウンセリングだけではなく学級などの集団に働きかけて学生の成長をサポートする教育カウンセラー、心の傷ついた人たちの話を聞き役に徹して聞く事でその人の心を癒し生きる力を与える精神対話士、このように学生や教職員のメンタル部分をしっかりとケアして支えることができる資格があると、とても役立つと言われています。

大学保健師募集navi | 大学の保健師募集はココで見つかる!


このページの先頭へ戻る