大学勤務の学校保健師と行政保健師を徹底比較

大学勤務の学校保健師と行政保健師を徹底比較

人々の健康を守る「保健師」ですが、働く場所によって勤務内容は異なります。企業などで勤務する産業保健師のほか、市町村の保健センターなどで働く行政保健師、そして特に人気があるのが、大学などの学校で働く学校保健師になります。

 

行政保健師は地域の人達の健康診断や保健指導を行ったり、健康に関する相談に対してアドバイスをするなどの業務を行っています。同様に産業保健師は会社で勤務している人達を、大学などの学校保健師は学生たちの健康管理が日々の業務になります。最近ではストレスからうつ病などの精神疾患を訴える人々も増加しており、保健指導のほかメンタル面でのケアを行うケースもあります。

 

給与面ではどの勤務地においてもほぼ安定した収入が望めますが、特に行政保健師や学校保健師は公務員扱いになる場合がほとんどなので、比較的高収入なところが多くなっています。なかでも学校保健師は残業や休日出勤も少なく仕事や時間に追われることも少ないため、求人募集があるとすぐに決まってしまうところが多いようです。

 

似たような職業では看護師がありますが、仕事内容を比べてみると全く異なることが分かります。保健師は健康な人が病気にならないよう予防するのが基本的な業務になりますが、看護師は病院やその他の医療施設で病気治療の補助を行ったり、看護業務が主な仕事内容になります。職場によっては夜勤などもあるため、勤務時間は不規則になるケースが少なくありません。これに比べて行政保健師をはじめとする保健師の業務は夜勤がないので、看護師から転職を希望する方も増えてきているようです。

 

人気の職種なので競争率は高く、募集が出てから早い段階で申し込まないと採用されるのは難しいかもしれません。特に大学などの学校保健師は働きやすさや職場環境の良さから欠員がなかなか出ないため、こまめにチェックしていたほうが良いでしょう。

大学保健師募集navi | 大学の保健師募集はココで見つかる!


このページの先頭へ戻る