大学 保健師 やりがい

大学の医務室・保健管理センターで働く保健師のやりがい

大学の保健室(医務室)で働く保健師のやりがいとは、やはり何といっても実際に学生や教職員と触れ合って信頼関係を築き、頼られる存在になることができる、ということなのではないでしょうか。年齢的に成人になる前後の学生たちと教職員を多く抱える教育機関である大学ですが、保健室(医務室)に足を運ぶ学生・教職員の数は意外と多いのだとか。急な体調不良や病気、部活動中のケガなどに加えて、ちょっとした悩みごとの相談などで保健室(医務室)にやってくる学生もいるのだそうです。

 

大学の保健室(医務室)に勤める保健師は、保健室内での学生や教職員への対応だけでなく、大学での教育活動が円滑に進むように学校内の安全のほかに、定期的に行なわれる健康診断の結果を適切に管理して多くの学生・教職員の健康管理をおこない、健康増進計画を進めていくという役割を果たさなければなりません。責任の伴う重要な仕事であるだけに、重責を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、それだけ多くの学生と教職員が健康的に学び働く環境を整えられる人物は、保健師以外にはいないということなのです。

 

自分が保健師として大学内をチェックして改善したことで学内の環境が良くなったり、相談に乗ってあげた学生と信頼関係が築けたり、またケガの応急処置や健康に関するアドバイスを感謝されたり。日々の日常業務の中で多くの学生や教職員から感謝されることは、大学の保健室(医務室)に勤める保健師にとっては大きな喜びであり、やりがいであると言えるはずです。

大学保健師募集navi | 大学の保健師募集はココで見つかる!


このページの先頭へ戻る