大学 保健師 給料

大学の医務室や保健管理センターで働く保健師の給料

一般的に、保健師の平均年収は400〜500万円程度であると言われていますが、これは保健師の多くが国家公務員や地方公務員などの公務員職に就いているからであると考えられます。では、こうした公務員以外に保健師が働くことのできる場である大学の保健室(医務室)や保健管理センターなどの勤務先では、どの程度の年収が得られるものなのでしょうか。

 

ひとくちに大学といっても、勤務先の大学が国立公立・私立であるかどうかで、年収は大きく変わってきます。国立や公立の大学の場合、給料は国家公務員もしくは地方公務員の給料に準ずることになるため、公務員として働く行政保健師の給料とさして変わらない程度になると考えられます。また私立大学の場合は、どちらかというと民間企業に勤める産業保健師に近い立場となるため、勤務体系や大学の規模によっては年収500万円前後となる場合が多いようです。

 

もちろん、それまでの経歴や職歴、年齢に応じて年収には違いが出てくるほか、1年更新の契約職員として働く場合にはボーナスが出ないというところもありますし、正規の職員として採用されれば500万円を超える年収を得ることも珍しくはありません。

 

特に私立大学の場合は学校によって職務内容もさまざまな上に、給料にも大きな違いが出ていることがよくあります。勤務時間や拘束時間、そして職務内容などから判断して妥当な給料がもらえるかどうかをきちんと事前に確認してから勤務先を選ぶようにしたいですね。

大学保健師募集navi | 大学の保健師募集はココで見つかる!


このページの先頭へ戻る