保健師の大学への転職事例 - Kさんのケース【健診センターから大学の保健管理センターへ】

保健師の大学への転職事例 - Kさんのケース【健診センターから大学の保健管理センターへ】

■転職に至った経緯
Kさんは健診センターに勤める保健師で、それまで可もなく不可もなく勤め上げてきた実績を持ちました。健診センター勤めは保健師の中でも人気の高い仕事で、Kさんは子育て中ということもあり、融通の利きやすい健診センター勤めに満足していたのです。転職に至ったきっかけはお子さんの進学と独り暮らしの開始です。大学進学をきっかけにお子さんが家を出たことで、Kさんはお子さんのために時間を融通する必要もなくなり、もっとフルに働きたいという気持ちに切り替わったのです。

 

■転職活動の流れ
それまで普通に健診センターで働いていたKさんにとって、転職活動は未知の部分が多く、自信がなかったこともあり、保健師転職サイトを活用することにしました。健診センターで人々の病気を早期発見したり、病状の悪化を未然に防ぐ経験を積んできたため、こうした経験を活かした仕事に就きたいと希望を出し、登録したのです。ただいきなり常勤雇用の求人を探すことは難しかったため、派遣会社に登録することを勧められて、登録を行いました。派遣会社からいくつか仕事を紹介され、いくつか仕事をこなしていくうちに、大学の医務室勤めという仕事に興味を持つようになります。健診センターも人気がある方ですが、大学の医務室勤めは更に人気が高く、常勤勤めをすぐに掴むのは難しいという事情がありした。そこで紹介予定派遣を経てから常勤雇用のきっかけを掴もうという方向に変更し、紹介予定派遣の求人を待ちました。そして漸く私立大の医務室勤めの仕事を紹介され、派遣期間を経て常勤雇用となったのです。

 

■Kさんのコメント
それまで長らく勤めてきた健診センターを辞めて、派遣の仕事を始めた時は不安もありました。しかし大学という新しい環境での仕事は大変興味深いものがあり、紹介予定派遣というきっかけを掴むのに躊躇はありませんでした。私立大には個性豊かな学生が多く、相談内容も多様で、これもまた人生経験になります。自分の子供世代の健康を見守るというのは、自分の子供を見守るような暖かな気持ちになれます。

大学保健師募集navi | 大学の保健師募集はココで見つかる!


このページの先頭へ戻る