お茶の水女子大学【保健師の求人・募集&施設情報】

お茶の水女子大学【保健師の求人傾向】

お茶の水女子大学では、他の大学と比べて医療関連の求人数は少なくなっているのですが、それは保健師の求人を全く出していない場合も多いからです。ではお茶の水女子大学では保健師として働くことは不可能なのかというと、決してそのようなことはありません。保健師の資格を持っている人は、必ず看護師の資格も持っているので、保健師よりも求人が出ている可能性の高い看護師として応募することも可能なのです。

 

ちなみに2014年現在では、医師と看護師しか在籍していない状態なので、看護師の求人であれば出ている可能性もありますし、保健師の資格は看護師の資格がないと取れない上に、仕事の内容も保健師と殆ど変わらないため、どうしてもお茶の水女子大学で働きたいと希望するのであれば、贅沢を言わずに看護師として勤務することも考えておくべきでしょう。

 

もちろん今後保健師の募集を行う可能性も十分あるので、保健師として勤務できる可能性もあるという希望を捨ててはいけません。

 

お茶の水女子大学で働く保健師の勤務先となる施設

お茶の水女子大学では医務室を兼ねて健康管理センターが設置されているのですが、お茶の水女子大学の健康管理センターでは、大きく分けて2つに分類されています。

 

1つは病気やケガをした時の診療や応急処置であり、もう1つはメンタルケアとなっているのですが、近年ではお茶の水女子大学に限らず、どこの大学であってもメンタルケアは必要不可欠となっています。

 

それだけストレスを溜めこんでしまう人が多くなっていますし、近年では学校でのいじめが増加し、不景気で就職できない人や、コミュニケーション能力の低い人が多くなっていることから、メンタルケアは欠かせない存在と言えるでしょう。

 

通常であれば保健師の仕事にメンタルケアが含まれているのですが、やはりお茶の水女子大学でもメンタルケアは精神科医が担当していますし、他の大学でも同様です。一般診療と違ってメンタルケアは全て予約制になっているので、メンタルケアを受けたいと希望している人は、必ず予約が必要なシステムになっています。

大学保健師募集navi | 大学の保健師募集はココで見つかる!


このページの先頭へ戻る