京都大学【保健師の求人・募集&施設情報】

京都大学【保健師の求人傾向】

京都大学では非常勤の募集も出されたことがあり、保健師であっても看護技術補佐員として就職することもできます。よって保健師の資格でも当然勤務することは可能になっているものの、看護師の資格のみであっても勤務することは可能です。更に経験が必要になってくるのですが、京都大学では採血の技術がないと採用してもらえない傾向にあるので、必ず採血の経験をしておくべきでしょう。

 

また、技術補佐員以外にも求人募集を行っているのですが、この場合にも看護師資格で就職することが可能であるものの、臨床経験が無ければ難しいですし、保健師の資格を取得していることが望ましいと書かれているので、当然看護師よりも保健師の方が優先的に採用してもらえます。

 

看護技術補佐員はあくまで保健師などの補佐であり、学校保健師として本格的に仕事をする人の募集も行われているのですが、この場合には非常勤ではなく常勤扱いとなるので、京都大学のように複数の求人がある場合にはきちんと確認をしておきましょう。

 

京都大学で働く保健師の勤務先となる施設

京都大学もかなり大きな大学なので、道路を挟んで色々な施設が完備されているという作りになっています。また、保健師が勤務するのは保健診療所となっているのですが、保健診療所というのは一般的な保健管理センターだと考えておけばよいでしょう。

 

施設内には色々な学部が存在しているので、大学内は初めて来る人が迷ってしまうこともあるのですが、必ず案内が書かれていますし、保健管理センターや医務室などの案内も書かれているので慌てずに確認すれば大丈夫です。

 

京都大学の保健診療所は、環境安全保健機構健康管理部門と呼ばれている部署に所属しているのですが、このように部署を設置してしっかりと管理されているので、学生も職員も安心できますし、もちろん大学の数自体も多くなっているため、離れている場所にある大学にもきちんと医務室や保健管理センターが設置されています。しっかり勤務先の施設がある場所が書かれているので、迷ってしまう可能性は低いでしょう。

大学保健師募集navi | 大学の保健師募集はココで見つかる!


このページの先頭へ戻る