学習院大学【保健師の求人・募集&施設情報】

学習院大学【保健師の求人傾向】

学習院大学では他の大学に比べると、比較的看護師が多い傾向にあるので、保健師の求人が出ている可能性も若干高くなっている場合もあります。ただし、学生の数が日本の大学全てで少子化の影響を受け、減少傾向にある反面、メンタルケアや健康相談の需要が高まっているので、少子化で生徒数が減少していても、保健師などの医療関連の仕事は減少する可能性が少ないことから、将来性も期待できるのです。

 

仕事内容は基本的に健康相談や健康指導、ケガや病気の応急処置にメンタルケアとなっているので、保健師の基本的な仕事となっています。学習院大学は幼稚園からの一貫校となっているので、求人を間違えてしまう可能性もあることから、きちんと学習院大学で探さなければいけませんが、大学の場合には養護教諭の資格が必要ないので、養護教諭資格のことを知っている人はそれほど気にしなくても間違えることはないでしょう。

 

待遇に関しては他の大学と同様によくなっているので、募集要項をしっかりと読んで応募しましょう。

 

学習院大学で働く保健師の勤務先となる施設

通常、保健管理センターでは、医務室も兼ねているクリニックのような感じの施設なのですが、学習院大学でも保健センターという名称でしっかりと保健師などの医療関係者が勤務しているので、万が一の時でも安心できます。ただし、診療を行う場合には時間が限られているので注意しなくてはいけません。

 

学習院大学の保健センターでは、比較的健康に関する相談や健康診断に力を入れている傾向にあるので、保健師も健康に関する相談ができるだけの知識を得ている人を採用する傾向にあります。

 

人によっては若くても健康状態が優れない、注意していてもすぐ病気になってしまうという人がいます。学習院大学では、気軽に健康相談ができるような体制になっていますし、生徒だけではなく教職員の相談にも対応しています。また、近隣の病院などの情報もしっかりと公開しているので、万が一の時でも安心できるでしょう。

大学保健師募集navi | 大学の保健師募集はココで見つかる!


このページの先頭へ戻る