筑波大学【保健師の求人・募集&施設情報】

筑波大学【保健師の求人傾向】

時代の最先端を行く技術で定評のある筑波大学ですが、筑波大学でも保健師の求人はあるものの、やはり医師を重要視している傾向にあるので、医師の人数がやはり他の大学に比べて多くなっている反面、保健師は1名や2名というのが一般的です。よって筑波大学に限らず、大学で勤務する保健師は1名募集が当たり前という考えを持って応募しなければいけません。

 

あまり人気がない職種であれば1人のみの募集でも採用してもらえる確率は高いのですが、保健師の中でも産業保健師に次ぐ人気となっていて、やはり勝ち残るのは難しくなっているのです。しかも、筑波大学はつくばエクスプレスが開通したことで、都心からのアクセスも抜群によくなりましたし、色々な診療を行っていることから、好奇心の高い保健師が応募してくる傾向にあります。

 

待遇もよくなっていますし、通常民間企業で加入している社会保険も全て完備されているので、やはり待遇の良さや交通の便の良さが筑波大学の求人倍率を上げていると言っても過言ではありません。

 

筑波大学で働く保健師の勤務先となる施設

筑波大学も医務室と兼用して保健管理センターが存在しているのですが、筑波大学は他の大学に比べて、行っている診療の数が非常に多くなっています。大学の保健管理センターで行っている診療は、多くても3つ程度になっていることが多いのですが、筑波大学では内科と整形外科、更には歯科や精神科も存在しています。

 

内科は通常どこの保健管理センターでも行われていますし、メンタルケアも大半の大学では行われているので、この2つは特に珍しいという訳ではありませんが、整形外科と歯科が入っている保健管理センターは珍しいと言えるでしょう。

 

保健師の場合には歯科に関しては素人ですし、歯に関しての相談は通常歯科クリニックでも歯科医師か歯科衛生士が行うので、看護師や保健師は専門外です。よって健康相談が一般的な仕事内容となっている保健師の場合には、やはり内科関連の仕事になることが多いと言えます。これだけ充実している保健管理センターは珍しいと言えるでしょう。

大学保健師募集navi | 大学の保健師募集はココで見つかる!


このページの先頭へ戻る