上智大学【保健師の求人・募集&施設情報】

上智大学【保健師の求人傾向】

上智大学でも一般的な大学と同じように、医師と看護師が中心となっているので、看護師として就職するよりも、保健師として就職するのは難しいのですが、実際に大学の医務室や保健管理センターで保健師として働くというのはかなり狭き門なのです。

 

しかし狭き門だからこそ、採用してもらえばかなり高待遇となっていますし、社会保険なども充実しているので、学校保健師として働きたいと希望する人が多くなっているのです。ただし、倍率が高い時には10倍を超えるということも珍しくはありませんし、上智大学はかなり有名な大学なので、当然応募者も多くなることは予想できるでしょう。

 

基本的に待遇がよくなっている職場というのは、求人数が少なくても応募者が殺到することが多いため、しっかりと面接対策や履歴書対策を行う必要もありますし、保健師の資格にプラスアルファーの資格と十分な経験を積んでおくことが大切です。もちろん人数が足りていない時をねらって求人を探さないといけません。

 

上智大学で働く保健師の勤務先となる施設

上智大学では保健管理センターに相当する保健センターが完備されているのですが、一般的な医務室の役割も行っている施設ですし、診療も行われています。上智大学は医療関連にかなり力を入れているのですが、身長体重計や視力計、血圧計など健康診断で使用する計測器の貸し出しも行っているので、いつでも自由に使用することができますし、数値が芳しくなければ、その場で保健師や看護師に相談することも可能です。

 

もちろんメンタルケアも行っていますし、感染症対策も念入りに行われているので、学生は安心して勉強に打ち込むことができます。さらに上智大学では夜間でも急病人などに対応しているのですが、一般的な診療やメンタル面に関する相談などはできません。

 

また、夜間は元々少ない人数が更に少なくなるので、急病の際には病院へ行くことも多くなるのですが、休日には当然誰もいないので利用はできなくなります。このように健康管理センターが充実している大学はまだ少ないので、医療施設に関してはかなり充実していると言えるでしょう。

大学保健師募集navi | 大学の保健師募集はココで見つかる!


このページの先頭へ戻る