東京工業大学【保健師の求人・募集&施設情報】

東京工業大学【保健師の求人傾向】

東京工業大学では、非常勤や期間従業員として保健師の求人を出していることが多いのですが、非常勤というのは知っての通りにアルバイトやパートとして勤務する人のことで、基本的に期限は定められてはいません。それに対して期間従業員というのは、期間を定めて仕事をする人のことなので、契約社員や短期アルバイトなどが当てはまるでしょう。

 

期間従業員は、健康診断の季節や冬の風邪やインフルエンザなどが流行る時期に大学で募集を行うことが多く、より注意深く学生や職員に呼びかけるために多くの人を欲しがる大学があり、東京工業大学もその1つです。

 

東京工業大学で出している保健師求人の特徴は、パソコンでの文書作成もあるので、パソコンのスキルがある人を求めているのですが、このような条件を付けている大学も比較的多数ありますし、更に英語の能力も求めているという珍しい大学でもあります。また、他の大学と比較しても、給料は高くなっている傾向にあるので、募集が出ていれば応募してみたくなる保健師も多いでしょう。

 

東京工業大学で働く保健師の勤務先となる施設

東京工業大学でも保健管理センターで勤務するようになるのですが、保健管理センターというのは大学内にある医務室とクリニックを一緒にしたような感じの施設です。大半の大学では、小学校や中学校にある保健室のような医務室タイプではなく、クリニックと同じような保健管理センターと言った感じの名前になっている施設になっているのですが、やはり職員や学生の数が非常に多いので、このような保健管理センターを設けている大学が多いのでしょう。

 

保健師の仕事は健康相談や健康指導、病気やケガの応急処置となっているのですが、大学では臨床心理士や精神科医が存在しているので、企業のようにメンタルケアを保健師が行うことは少なくなっています。東京工業大学でも同様で、やはり職員や学生の健康管理、健康指導が一般的な仕事内容になっていて、健康管理センター内での勤務になっていることが多いのですが、施設内の設備も充実していて、保健師も勤務しやすい施設と言えるでしょう。

大学保健師募集navi | 大学の保健師募集はココで見つかる!


このページの先頭へ戻る