首都大学東京【保健師の求人・募集&施設情報】

首都大学東京【保健師の求人傾向】

首都大学東京は一般的な大学に比べると、医療関係者の数が少なくなっている傾向にあるので、医師として就職する場合には他の大学よりも難しくなっているのですが、保健師の場合にはどこの大学でも1人や2人しか勤務していないため、他の大学よりも就職するのが難しいということはありません。

 

よって他の大学と同じように、求人募集の案内を探して応募条件や仕事内容、社会保険や手当の有無、給料などをしっかりと確認し、問題がなければ応募するという方法で問題ないので、学校保健師として就職したい人はどんどん応募してみましょう。

 

もちろん倍率が高くなる場合もありますし、採用基準が厳しくなっているという点でも他の大学と変わりませんので、まずは保健師としての経験をしっかりと積んでおく必要があります。仕事内容も保健師の場合にはメンタルケアよりも健康相談を行う大学が多くなっているので、重要視する点は給料よりも仕事内容に目を配るべきでしょう。

 

首都東京大学で働く保健師の勤務先となる施設

首都大学東京の場合には、健康管理センターではなく医務室として設置されているのですが、通常医務室というと、小学校や中学校にある保健室や、会社にある医務室を想像する人が多いでしょう。

 

しかし、首都大学東京の場合には、医務室内で内科の診療も行っているので、当然複数の医療関係者が勤務しています。さらに首都大学東京の医務室は1つだけではなく複数完備されているので、医務室の場所によっては診療を行っていないこともあるので注意しましょう。

 

通常診療は平日昼間の時間帯であれば常に行っている場合が多いのですが、首都大学東京では、診療をしている曜日が少なくなっていますし、街中にあるクリニックのように、昼間の休憩時間を設けていることから、診療時間が短く少なくなっているのが特徴です。

 

よって診療時間外に気分が悪くなってしまった場合には、学生課と呼ばれている場所に連絡をすることで適切な対応をしてくれますし、複数の場所に救急用具が設置されているので、ケガをした時には救急用具を使用して手当てをします。

大学保健師募集navi | 大学の保健師募集はココで見つかる!


このページの先頭へ戻る