中央大学【保健師の求人・募集&施設情報】

中央大学【保健師の求人傾向】

中央大学もあまり求人の情報が出ていないので、他の大学と同じく人の出入りが少なく、求人探しが困難であるということがわかるのですが、やはり看護師や保健師としての技術と知識がないと、たとえ求人を発見できて応募しても、採用してもらえる可能性は低くなってしまうでしょう。

 

保健師として採用してもらうのに、看護師の経験が必要なのかと思うでしょうが、中央大学では健康診断も行っていますし、予防接種も行っています。よって採血などの注射ができるという点も重要視されるので、やはり採血や予防接種の経験がある人の方が採用されやすくなっています。

 

採血はともかく、予防接種は通常医師が行うのではと思う人もいるかもしれませんが、できるに越したことはありませんし、相談も保健師は健康に関することが大半で、メンタルケアは精神科医か臨床心理士が行うのが大学では一般的です。それでもメンタルケアは保健師の仕事でもあるので、やはりしっかりと知識を得ておくべきでしょう。

 

中央大学で働く保健師の勤務先となる施設

中央大学にも医務室や健康管理センターと同様の役目をする施設の保健センターが完備されているのですが、中央大学の場合にはキャンパスによって診療科目が異なっています。内科の診療はどこのキャンパスでも行っているのですが、多摩キャンパスだけは歯科が入っているので、歯の健診や治療なども行っているものの、メンタルケアや健康相談と同じく予約制になっています。

 

最近は大学の健康管理センターに歯科が入っていることもあるのですが、歯が悪くなると体全体の健康を損ねると言われているぐらい重要ですし、通常大学の健康診断では、小学校のように歯科検診を一緒に行うということはありません。

 

だからこそ定期的に健診ができるよう中央大学には歯科の健診ができるように施設が完備されているのでしょうが、保健師の場合には歯科は専門外となるので、内科関連の仕事となるでしょう。さらに中央大学の健康管理センターでは破傷風の予防接種を行っているのですが、通常であれば小さい時に破傷風の予防接種は受けているのが一般的です。

大学保健師募集navi | 大学の保健師募集はココで見つかる!


このページの先頭へ戻る