東京理科大学【保健師の求人・募集&施設情報】

東京理科大学【保健師の求人傾向】

大学の医務室や保健管理センターで働いている医療関係者というのは、通常医師と看護師、臨床心理士や保健師、場合によっては薬剤師も勤務しているのですが、大半の大学では医師が最も多く、次に看護師が多くなっていて、他の職業の人は1人か2人程度となっているのが一般的です。

 

東京理科大学の場合には、医療関連の仕事をしている人が他の大学と平均してみると多い傾向にあるのですが、大体平均人数は1つのキャンパスに対して8人ぐらいが平均的な数となっています。多いとは言っても20人も30人も勤務しているという訳ではなく、大体10人前後となっているのですが、やはり保健師は1人になっている場合が多くなっていて、少なければ全く存在していませんし、どんなに多くても2人を超えることは滅多にありません。

 

大学は通勤するのにも無料送迎バスがある場合や、直通で運転しているバスが出ている場合も多い上に待遇もよくなっているので、少ない人数しか募集していなくても求人が出ると応募する人が多いのは東京理科大学でも同じです。

 

東京理科大学で働く保健師の勤務先となる施設

東京理科大学でも保健管理センターが完備されているのですが、保健管理センターでは通常どこの大学でも行っていることと、少数の大学でのみ行っていることなどもありますし、力を入れている部分も変わってきます。東京理科大学では一般的にどこの大学でも行っている診察や健康相談、メンタルケアや健康診断は当然として、感染症に力を入れている大学でもあるのです。

 

特に近年は外国から人や物が多く入ってくることや、温暖化によって通常日本では起こらないような感染症が流行る場合がありますし、人数の多い大学では感染症が蔓延する危険性もあります。

 

そのため、感染症対策としてただ呼びかけを行うだけではなく、予防接種ができる場合には予防接種を行いますし、周辺の住民や医療機関とも連携をして、早期の情報公開を心がけているのです。さらに健康診断にも力を入れていて、職員と学生を分けてそれぞれに相応しい健康診断が実施できるようにしています。

大学保健師募集navi | 大学の保健師募集はココで見つかる!


このページの先頭へ戻る