同志社大学【保健師の求人・募集&施設情報】

同志社大学【保健師の求人傾向】

同志社大学ではメンタルケアや健康に関する相談に力を入れている傾向にあるので、保健師や保健師に類似する職業の人が活躍する場所は当然ありますし、保健師の求人も出ている場合があるため、できれば臨床心理士など比較的多くの大学で活躍できる資格を取得すると、就職に成功する確率が上がります。

 

しかし、学校保健師はそれほど甘い仕事ではないですし、保健師の場合には求人募集を行っていても1名か2名が一般的なので、やはり資格も大切ですし、それ以上に経験が大切になってきます。

 

同志社大学のホームページを見ていると、PDFファイルを使って色々と解説していることが多いので、当然パソコンのスキルが必要になることもわかるでしょうし、メンタルケアに関する経験もある程度は必要です。大体どこの大学であっても、保健師としての経験が3年以上はないと厳しいので、しっかりと経験を積んでから転職しましょう。

 

同志社大学で働く保健師の勤務先となる施設

大学にも医務室や保健管理センターがあるので、同志社大学にも健康センターと呼ばれている医療関連施設が存在しています。主な内容としては、健康診断と健康に関する相談、メンタル面に関する相談とアンチエイジングドックとなっているのですが、健康診断や健康に関する相談、メンタルケアはどこの大学でも行っているのでわかるでしょう。

 

しかし、アンチエイジングドックを行っている大学はそれほど多くありませんので、同志社大学では生活の向上を目指すという意味で、アンチエイジングドックを導入しているのです。ただし、毎週火曜日の午前中のみしか行われておらず、予約制となっています。

 

もちろんアンチエイジングドックも保健センター内で行われているのですが、全てのキャンパスで行われている訳ではないので、毎回対応する保健師も異なってくるということが予想されます。

大学保健師募集navi | 大学の保健師募集はココで見つかる!


このページの先頭へ戻る